品質管理

万全の品質保証をお客様のために

「品質」はお客様との信頼関係をつなぐ企業の生命線であり、事業発展の原動力でもあります。
当社では製品の信頼性を保証し、安定した品質を継続的に提供するため、全ての分野において品質保証体制の強化に取り組んでいます。

ISO9001シリーズ取得について

当社は企業体質の強化と、さらなる顧客満足のために品質保証体制の構築に全社をあげて取り組み、1994年3月には岡山工場でISO9002の認証を取得しました。これをステップに技術ノウハウの文書化や標準化を実施するとともに、各部門の意識改革を進め、2003年には全社を対象にISO9001の認証を取得しました。

設計・開発

長年蓄積した過去の事例や知見が反映された設計マニュアルの運用によって、製品のQ・C・D・S(品質・価格・納期・安全)を高い次元で達成しています。また、設計・開発の各段階において、関係部門による横断的なデザインレビューによって、Q・C・D・Sの適合性、およびパテントなどの知的財産権の適合性評価を実施しています。

購買

少量多品種の生産形態が主流となるなかで購買活動は生産形態に合致したシステムに切替えています。当社の品質管理は、調達品に対して厳格な品質確認を実施すること、およびサプライヤーにも定期的に足を運び品質管理の状態を直接確認することで、安定化を図っています。

製造・技術

当社では多様なインク製造設備、高精度のインク塗布設備が稼動しており、これらの設備を常に最高の状態で使用し、かつ安定した品質を実現するため、細部にいたるまで項目を設定して社内で作業を標準化しています。さらに、これらの高度な設備を操作するために、オペレーターには独自のトレーニングシステムに基づき、必要なトレーニングを実施しています。また少量多品種の生産に対応してセル生産方式を導入するなど、生産革新にも積極的に取り組んでいます。

信頼性評価のために厳しい
環境条件で性能評価を実施

販売

お客様のニーズをいかに速やかにかつ正確に把握し、的確にサービスに反映させていくかは、お客様に満足を提供するためには極めて重要です。そこで当社は、お客様ごとに専任の担当者を配置し、お客様からの直接の情報の入手を行っています。また、営業担当者全員にノートPCを配布し、出張先でも常に社内と連絡が取れる状態とすることで、お客様により密接した情報収集を可能としています。